準硬式野球部  関東選手権優勝目指す

熱い思いを持つ佐々井(左)と三輪(右)

 今年注目すべき部活といえば、準硬式野球部である。昨年の秋季に行われた新人戦では、優勝という素晴らしい結果を残し、勢いに乗っている。今回は新人戦で最優秀選手賞に選ばれた三輪(営2)と主将の佐々井(法3)に話を聞いた。

 新人戦について三輪は「決勝まで進めるとは思っていなかったが、先輩が引っ張ってくれたので、今まで練習してきた以上のことが発揮できたと思う」と振り返った。また佐々井は「チームとしても個人としても終始苦しかった。予選で負けてしまった日大と決勝で当たり、良くないイメージを持ったまま決勝に臨むことに不安を感じたが、うまくチームのモチベーションを高められたことが良かった」と笑顔で話した。

 そんな2人だが、以前から準硬式野球をしていたわけではない。三輪は元々軟式野球をやっていたが、大学進学の際に多くの仲間が準硬式野球へ転向したことに影響を受け、三輪自身も転向することを決めたという。以前の仲間と別々のチームとして対決したいという思いがあったからだそうだ。また、佐々井は硬式野球をやっていたが、指定校推薦で硬式野球を続けるのは厳しいという思いがあり、準硬式野球という新たな道を切り開いたという。

 準硬式野球部には監督がいない。そんな中、どのように部を率いているのかについて、佐々井は「主将だから何か特別に頑張るのではなく、チーム全体で1つになるためにはどのようにしていくべきかについて考えている」と語った。

 今年の目標は「関東選手権優勝」。それだけではなく、2部リーグから1部リーグへ昇格できるように頑張りたいと2人は意気込んでいる。常に上を目指す熱い気持ちが準硬式野球部を作り上げているのだろう。

関連記事

ページ上部へ戻る