文化人 352号

月村栄理奈さん

 株式会社Job Rainbowにて、レズビアン・セクシュアルマイノリティ向けマッチングアプリ「PIAMY/ピアミーfor Android」のディレクターを務める月村栄理奈さん(仏3)。シスターフッドのコミュニティと様々な出会いの形を包括するプラットホームを目指している。「このアプリは『共感による出会い』がテーマ。徹底的なユーザー目線を大切にしながら、アプリのデザインや企画をしている」。

 そんな月村さんはビジュアルアーティストとしての一面もある。専門はフルイドアート。それはテーマに沿ってアクリル絵の具で偶発的な模様を生み出す技法。「特別な技術が必要ないので、誰が描いても個性的で素晴らしい作品を作ることができる」のがフルイドアートの魅力だという。

 月村さんが芸術活動を始めたのは高校1年生の時。「周りの友達が皆、特技を持っていたのに、自分には何もないのが悔しかった」。もともと芸術観賞が好きだった月村さんだが、高校1年生時にニューヨークへ留学した経験を通じて、芸術活動を本格化。最近では6月27日に吉祥寺でフルイドアートのイベントを主催した。3歳から大人までバックグランドが異なるどんな人も、自由なアートを通して、自己表現しそれを参加者同士が共感できる空間作りを目指したという。

 今後の目標について月村さんは「アートでもっと人と繋がりたい。またアプリはセクシュアルマイノリティを取り巻く課題解決の一つの手段としてより良いプロダクトにしたい」と語る。アーティストとして、またアプリディレクターとして、今後の活躍が楽しみだ。

関連記事

ページ上部へ戻る