「紡ぐ」をデザインへ 青山祭

 今年の青山祭の公式グッズとして発売される、ichinanaグッズコラボ企画の一つであるスウェット。これはWEGOとのコラボ商品だ。デザインは公募で決定した。

 スウェットのデザインを描いた山崎夏奈さん(情4)のデザインが選ばれた時の感想は「信じられない」。良いデザインを作ることができたという自信、自負はあった。しかし実際に連絡が来た時には、やはり驚きが勝ったという。純粋に自分のイラストを評価されたことがうれしかった。

 元々インスタグラムで青山祭のアカウントをフォローしていた山崎さんは、公募が期間延長されるという投稿を見て、初めてこのコラボ企画の存在を知った。

 青山祭のコラボグッズのデザインということもあり、山崎さんは自分のためのデザインではなく、きちんとコンセプトに合ったデザインをしたかった。「ONE 紡ぐ、ここから」というテーマ、特に「紡ぐ」というこの言葉をデザインに落とし込みたい。そこから「紡ぐ」から糸を連想し、イラストを囲った糸が象徴的なデザインが完成された。

 デザインは1週間程度で作成した。4種類ほどラフを出し、そこから良いと思ったものに着色を行い、提出をしたのは締め切り当日だったという。

「とてもかわいく作ることができたので、青学生だけでなく、様々な人に使ってほしい」と山崎さんは言う。実際にWEGOでの店頭で発売される商品となるので、WEGOに訪れた際には、是非スウェットを手に取って見てほしい。山崎さんのインスタグラムアカウント(@kana_zazanaaaa)も必見だ。

山崎さんのインスタグラムアカウント

関連記事

ページ上部へ戻る