青学 コロナ禍で求められる課外活動のあり方

新型コロナウイルスによって、本学の課外活動は一部制限されているのが現状だ。コロナ禍当初と比べると大幅に緩和され、通常の練習や行事等は行えるものの、合宿や飲食を伴う活動は原則禁止されている。学生生活課によると制限全解除の見通しは立っておらず、今後も現在の状況が続きそうだ。では他大学の課外活動はどのように行われているのだろう。その内容について、学生生活課の紹介の下、ある旅行会社に話を聞いた。

その旅行会社は主に団体の代表などと相談の上で、合宿の手配を行う。コロナ禍でもそれは変わらず、感染対策を踏まえた上で合宿を企画、手配している。本題である他大学の課外活動の状況について尋ねると「合宿が解禁されているところもある」との回答をもらった。しかし最も感染リスクの高い飲み会はどの大学も禁止しており、旅行会社側も合宿に飲み会は入れないよう計画を立てているとのことだ。

コロナ禍で入学前に思い描いていた課外活動ができず、歯がゆい思いをしている人も多いだろう。コロナ禍以前のように、全ての活動を制限なくできるようになるのは近い将来の話ではないが「運営に困ったら、こちらに相談してほしい」と学生生活課は話している。部活動、愛好団体はルールを守り活動しなければならないが、困った時に頼ることのできる存在が身近にいるということも知ってほしい。

関連記事

ページ上部へ戻る