バレーボール部男子 幼少から夢見た舞台へ

本学バレーボール部に所属する今橋祐希(営4)。今橋は東京都を拠点とするプロバレーボールチーム、東京グレートベアーズへの所属が決定した。

4年間の大学での活動について「小学校からバレーボールを続けていたが、ここまで頭を使うカテゴリーはなかった。大学生活は高校生活よりも自由度があるため、努力する人はよくなり、サボり続ける人は落ちていくという風にはっきりとした形で表れていく」とのこと。「また、人間関係の構築などを自分からしていくことも楽しかった」と今橋はこれまでを振り返って語る。

 本学バレーボール部に入ったきっかけは自由なプレースタイルや考えて行動するバレーボールスタイルなどに魅力を感じたからだと言う今橋。今橋にとって、バレーボールとは唯一ボールを落とせないスポーツであること、ボールを持つことができないこと、一瞬の判断が重要になってくることなど、様々な魅力があるスポーツだ。その中でも、セッターのポジションである今橋は、他のメンバーよりもボールにより多く触れる。「その中で頭を使うことはもちろん、相手の嫌がるポイントを探りながらボールを落とすようにすることが魅力だと考える」と話した。

 今橋が東京グレートベアーズに所属することになったのは、本学バレー部の指導陣が今橋を推薦したことで、チームの監督やスタッフが試合を見に来て、評価をしてくれたからだという。「バレーボールを始めた頃から夢見ていた舞台であり、そこでプレーさせてもらえるという事実がひたすらうれしく、ひとりで泣きそうになることもあった」と加入が決まった際の喜ばしい心境について振り返る。

 これから始まるプロとしての活動について、「先ほどうれしいと言ったが、それでもまだスタートラインに立たせてもらっただけ。これからやらなければならないことも増えていくが、まずは新人らしくフレッシュにチームを下から勢いづけたい」と今後の意気込みについて語った。「もちろん、新人だからという理由で許される世界ではないため、実力をしっかりとつけて、試合で活躍できるように練習に励んでいきたい」と今橋はこれからの未来を見据えている。

 これからプロバレーボールという大きな舞台へ羽ばたいていく今橋が、これから東京グレートベアーズでどのような活躍を見せるのか、楽しみで仕方がない。

関連記事

ページ上部へ戻る