ジェンダー研究センター 性的同意を広める

 今年の4月から性的同意ハンドブック『探検しよう!私とあなたの気持ちを守るには』の発行が始まり、Aoyama Portalでいつでも閲覧できるようになった。なぜハンドブックの製作に至ったのか、ジェンダー研究センター助手の下村沙季マリンさんに話を聞いた。

発行のきっかけに、2018年にちゃぶ台返し女子アクションから発行された性的同意ハンドブック『あなたらしく大学生活を送るための方法。』があった。「性的同意の大切さを伝える本を本学でも発行しよう」と考え、学生有志の協力も得て完成した。

 このハンドブックについて「性的同意の大切さを、なぜ大切なのかというところから説明している」と語る。ハンドブック内では、どのようなケースで性的同意がポイントとなるのかを漫画でわかりやすく説明しており、大変読みやすくなっていた。これらの漫画は有志学生が考えた場面がもととなっている。さらに当事者だけでなく、第三者の視点から何ができるか、どのように被害を防ぐことができるのかを、具体的なアクションとともに説明している。また登場キャラクターは非常に多く、様々な人種が存在し、カップルの性別も男女固定ではない。ここも多様性という点で、特に意識したという。「実際に青学、ひいては社会には多様な人が生きているので、リアルを反映することを意識してデザインした」と下村さんは話した。

 最後に本学学生に対して「性的同意の大切さを広めることで、性暴力の当事者になってしまう人を減らすことができるはず。知識を身に着け行動を起こせば、未来の被害も減り、社会は変わるはずだ」とメッセージを送った。

関連記事

ページ上部へ戻る