怪我を乗り越えて決勝の舞台へ ヒリアー紗璃苗

9月14~17日に、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で天皇賜盃第92回日本学生陸上競技対校選手権大会が開催された。今回は、女子800mで7位入賞を果たしたヒリアー紗璃苗(国経4)に話を聞いた。ヒリアーは一昨年と去年の全日本インカレでも女子800mで決勝に出場し、去年は準優勝に輝いている。

決勝を振り返って、ヒリアーは「優勝することを目標にしていたが、7位という結果となってしまい悔しい」と語る。予選と準決勝で安定した走りを見せ、決勝へと駒を進めたヒリアー。今大会では、自分が引っ張るのではなく最後の200mでスパートをかけることを意識して練習を重ねてきたという。決勝でも渡辺愛(園田学園女子大3)などの後ろにピタリとつき、600m過ぎから前に出てきたが、ラスト100mで離されてしまった。「関西には強い選手が多く、決勝でも集団で固まったままレースが展開するのは想像できていた。その中で一人抜け出さなくてはならなかったが、最後がうまくいかなかった」と全日本インカレの厳しさについても話した。

これまでの全日本インカレ、そして大学での競技生活も振り返ってもらった。1・2・3年生では怪我の影響で練習をしっかりできず、今できることを全力で、という気持ちで全日本インカレに挑んできたという。そして、学生として最後のシーズンとなった今年は、初めて自分の思う通りに準備をして今大会に臨むことができたそうだ。また「大学卒業後も競技を続けていくつもりだが、全日本インカレは学生のうちにしか出場することのできない大会なので、もう終わってしまったのだなという気持ち」と全日本インカレへの特別な思いも口にした。

次に、800mという競技の魅力について聞くと「早さだけでなく、強さも必要だというところ。接触も多く、レース展開が大きく変わることがあるのが特徴」と答えた。ヒリアーも接触により走りづらかった経験があるという。また他の魅力として、ラスト100mは勿論600m辺りから一気にペースが変わるところや、100mを過ぎてオープンに切り替わったときの位置取り争いを挙げた。

部内で自身と同じ800mを走る、次の世代へのメッセージを聞くと「800m選手は短距離の練習だけではないので、中距離ブロックとしての団結力も高めてきた。みんな一生懸命走っているので、これからも頑張ってほしい」とエールを送った。

最後に、今後の目標についてヒリアーは「まずは日本選手権の出場を考えていて、その後は日本新記録更新と共に世界陸上やオリンピックで戦える選手になりたいと思う」と語る。800mで、世界を舞台に戦える日本人選手はまだ少ない中、これから先活躍するうちの一人になることを目標にしているヒリアー。大学卒業後の活躍も見逃せない。

関連記事

ページ上部へ戻る