後悔のない400mのラストレース 金子ひとみ

9月14~17日に、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で天皇賜盃第92回日本学生陸上競技対校選手権大会が開催された。今回は、女子400mで8位入賞を果たした金子ひとみ(コ4)に話を聞いた。金子は一昨年の全日本インカレでも女子400mの決勝に出場している。

決勝を振り返って、金子は「最後の400mのレースだったので、後悔のないように走ろうと決めていた。8位という結果になってしまったが、後悔なく走ることができたと思う」と語る。決勝では、前半から攻めた走りをして、行けるところまでついて行こうという気持ちだったそうだ。

また、今大会で400mの他に出場したマイルリレーについては「今年の関東インカレで優勝していて、全日本インカレでも優勝することを目指していたため、少し残念に思う」と話す。金子は、今大会のマイルリレーで予選・決勝ともに2走を務め、本学は決勝でSB(3分39秒75)を出し6位入賞を果たしている。

一昨年の全日本インカレから変わったことについても聞いた。2年生の時は決勝に出場できたことに喜んだが、4年生になってからは、決勝でも他の選手と戦えるようになりたいという考えに変わった金子。今まで全国規模の大会で自分の思うとおりに走ることができなかったそうだ。さらに、関東インカレ後の怪我の影響から順調に練習ができず、4年生としての最後のレースを前に不安があったという。その状況の中、今大会では予選を1位(55秒75)、準決勝を2位(55秒80)と着順で進み、全国でもその実力を発揮した。

次に今シーズンも振り返ってもらった。金子は、今年の5月に開催された第38回静岡国際陸上競技大会の女子400mで自己ベストとなる54秒58をマークしている。「静岡で自己ベストを出したが、その記録をなかったことにしてずっと挑戦者という気持ちでレースに挑んできた」と決して満足しない心を見せた。また、冬季練習での努力や関東インカレと今大会で結果を残せたことの喜びも話した。その中で「自分にとってのライバルは青木。練習で一緒に走ることもあり、お互いバチバチして取り組んでいた」と練習の裏側も明かした。その青木とは今年の10月13~17日に鹿児島で開催された特別国民体育大会の成年少年男女混合4×400mRで戦い、神奈川県代表の金子は3位に輝いた。

さらに400mという競技の魅力も聞いた。高校生の時、顧問の一言をきっかけに400mを始めた金子。「魅力は、練習した分だけしっかりと結果が出るところ。レースプランなど戦略的な部分もある」と答えた。

最後に、次の世代に向けてのメッセージを聞くと「青学では、メンバー入りすることも大変だと思うけれど、チーム全体で盛り上がっていけるよう頑張ってほしい」とエールを送った。今シーズンを最後に陸上競技を離れ、新たな一歩を踏み出す金子や、本学の400m選手の姿が注目される。

関連記事

ページ上部へ戻る